Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨発見10

遊亀動物園

山梨はいいところです。

いい動物園もあります。

それが遊亀公園附属動物園です。


料金は大人310円、子供はなんと30円!
子供を連れて行くのにピッタリですね。
それでも象やライオン、トラを筆頭にかわいいレッサーパンダやペンギンなどもいます。

園内はとても小さくすぐに回り終えてしまいますが、逆に動物との距離も近く、大きな動物園では味わえない楽しみでもあります。
ちなみに僕は危うくトラにおしっこをかけられそうでした。
あと30cmくらい飛んでいたらかかっていたなぁ(゚□゚;)アワワ(;゚□゚)アワワ
これも小さな動物園がゆえですね。

甲府に行ったら何かのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
動物園メインだとすぐに終わってしまうので厳しいですので(^^;A

こんなかわいらしく、良心的な動物園のある山梨にぜし!
スポンサーサイト

山梨発見9

山梨はいいところです。

何たって富士山があります(もちろん静岡にもありますよぉ)。

そのお陰で富岳風穴やら鳴沢氷穴やらあります。

これは864年の大爆発で流れ出した青木ヶ原溶岩流でできた溶岩洞穴です。

どちらもね、中に入ると年間平均気温が3℃くらいでね、氷柱やらがあります。

しかも富岳風穴では出口のとこにある売店で、トウモロコシのソフトクリームを売っています。

僕なんかソフトクリーム好きですからね、すぐさま飛びつきましたよ。

コーンポタージュの味がしました。

好きな人はきっと好きでしょう(あたりめぇか)。

こんな不思議な洞窟&シュールなソフトクリームのある山梨にぜし!

山梨発見8

猿橋

猿橋2


山梨はいいところです。

前に山も川も森も湖も滝もあります。みたいなことを書きました。
川があるならそこにかかる橋も当然あります。

山梨には山口の錦帯橋、徳島の祖谷のかずら橋に並ぶ、日本三大奇橋の一つ「猿橋」があります。

この橋は、谷が31mと深く、橋脚をたてられないため、橋脚を使わずに両岸から張り出した四層の桔木を支点とし、上部構造を支えているもので、その構造形式は「肘木けた式」とよばれます。

近くには大月市郷土資料館もあり、暇があったら入ってみるのもいいでしょう。

大月市郷土資料館は入館料100円です(だったと思う)。

こんな奇妙な橋のある山梨県にぜし!

風呂掃除

今日は休み。

前にも書いたかもしれないけど、うちの病院は土曜日もやっているので土曜も普通に出勤するのね。

よって、休日は日曜日以外は不定期。
週によって違う曜日に休むことになります。

今週は月曜日が休み。


うちは奥さんと家事を分担していて、僕は風呂掃除などを担当しています。
毎朝起床直後に風呂を軽く洗ってから病院に行っているわけですが、日曜日以外の休みの時はガシガシと洗っています。

ってことで今日も風呂掃除をビシーッとやりました。

本当はまぁ、湯船を洗って、床を洗って、スノコとマットとふたをざっと洗って終わりにしようかと思ったんですけど、ふとしたことで汚れを発見。

予定外に1時間ほど風呂と格闘していました。

お陰でかなりピカピカに

まさか湯船をひっくり返してそこを洗うとは思わなかったなぁ。
こういうところがA型なのかしらん?

山梨発見7

オオムラサキ




山梨はいいところです。

とってもマイナーな駅ですが中央本線には日野春という駅があります。
この駅の付近では日本の国蝶「オオムラサキ」が生息しています。
駅の北東300mには北杜市オオムラサキセンターがあったり、観察するための施設が整備されたオオムラサキ自然公園もあります。
そこに行くにはオオムラサキ自然観察歩道を通ります。

僕が日野春に行ったときには季節があわず観察できませんでしたが、6~7月くらいに行けば飛ぶ姿が観察できると思います。

こんな美しい蝶に出会える山梨県にぜし!

てんやわんや

今日は散剤当番でした。

土曜日は患者さんが少ないので普通ならある程度余裕をもって仕事ができるんですけど、散剤当番となると話は別です。

土曜日は小児科が混みます。

こどもの薬はシロップや散剤が多いのでけっこうな数の処方箋が回ってきます。絶対数はそれほどではないんですけど、秤量して分包する作業に時間がかかるために処方箋はたまる一方です。

それでも午前中の処方を片付けて午後はのんびり調剤。
予製などをしつつ過ごしてました。

そんなゆったりとした時間も突然終わりを告げられました。
16:30くらいになって掃除を始めたとたんに一気に散剤が来たのですよ。
普通の散剤だけじゃなく、錠剤の粉砕も混じってもう大変。

1人だけ17:30になっても終了できない状態でした。

なんとも疲れた一日でした。

だいぶ遅くなったけどもう寝よ。

がん性疼痛とオピオイド

がん患者は病気の比較的早い時期からがんの痛みを感じることがあります。

それにより夜眠れない、生活が制限される、気持ちが沈むなどなど、QOL(Quality of Life;生活の質)が低下してしまいます。

そのため、その痛みを除去するためにモルヒネに代表される医療用麻薬(オピオイド)を積極的に使用する必要があるわけです。

オピオイドって言うのは
(1)副作用対策により、副作用を最小限に抑えて使用できる
(2)痛みの緩和を目的とする量では呼吸抑制は起こらない
(3)痛みがある場合には麻薬中毒は起こらない
(4)死期を早める作用はない
ことがわかっていて、安全な鎮痛薬なわけですね。

しかし、『麻薬』と聞くとどうにも怖いイメージがありますよね。

それにどうしても終末期に使用するイメージがありますしね。(ない?)
でも実際のところ、病気の進行と痛みの強さは関係がないんですよね。
まぁ怖くないことはないんですけど、あまり過剰に反応することはないんじゃないかと、こう思うんですよね。

ここら辺で書くことに詰まってきたので今日は終わり。

タイトル変えました

ブログのタイトルを変えました。

もう学生じゃないのに『学生』って使うのも何だかねって感じだったので。

これからは病院や薬のことを中心に書いていきたいなぁと思います。
実際はそのときの気分で書くこと変わるけどね

救命講習

11日(水)は通常業務終了後に救命講習を受けました。

内容は人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使い方などです。

はじめは1時間~1時間半くらいで終わると思って参加したんですけど、行ってみたらなんと2時間40分。

終了時刻は20:40でした。
昼の業務もかなり忙しかったので、終わった頃にはヘロヘロでした。

まず最初にライセンスをもった看護師の人のデモを見て、その後に心臓マッサージの練習と言った流れです。

デモでは救急外来の入り口手前で倒れてしまった患者さんを想定して、発見から連絡、心臓マッサージ、人工呼吸ついでAEDによる除細動と流れていきました。

心臓マッサージ、人工呼吸は自動車免許を取ったときにいくらかやっていたのでまあ大丈夫だろうと思ってたんですけど、人工呼吸にやや手間取りました。

心臓マッサージ30回→人工呼吸2回→心臓マッサージ30回→人工呼吸2回→・・・を延々と繰り返すわけなんですけど、これがなんとも疲れます。

AEDは操作方法を機械そのものが指示してくれるので、やることは簡単です。

電源を入れてパッドを心臓を挟むように装着。プラグをつないで心電図を機械が勝手に計測。必要ならショックを与えて終了。

ショックを与えた後はまた心臓マッサージ30回→人工呼吸2回の繰り返しです。


一通りの説明と実技をやった後はロールプレイングをしました。
特に問題もなく、無難に救命措置を行えましたよ。

これでいつ呼吸、脈拍停止の人が倒れていても対処できます。

でもこの講習は成人が対象なのでね、子供が倒れていた場合はまた違うんですよね。

うちの病院は月に1回、国際ライセンスを取得できる講習をやっているらしく、子供や乳児の救命措置も学べるらしいんで、それを受けてみることも考えようかなぁ・・・

ルール

世の中にはいろいろなルールがありますね。

大きなものでは憲法だったり、小さなものでは自分ルールだったり。

病院の薬局内でもルールがあります。
調剤業務内規です。

入って少しして渡されたものの、読んでもイマイチよくわかりませんでした。
でも仕事が始まって1~2ヶ月がたって読んでみるとだいぶわかるわけです。

やっぱり自分がやっていることとリンクしないとなかなか理解するのは難しいようです。

と言うことで、調剤について書かれているものの代表的なものとして調剤指針を読んでみました。

大学の授業で使われていたときはサッパリだったものの、今読んでみると意外なほどすんなり頭に入ってきます。
こうして、自分が体験しているとけっこうわかるもんですね。

いや、もちろん入ってこないところもありますけどね。


働き始めて約2ヶ月でようやくルールを把握してきました。
その間、けっこう縮こまって仕事してきたかなーという印象があります。
これからはもっと自分をのばせるようにのびのびとやっていきたいですねぇ。

以上終わり。

就職後2ヶ月が過ぎて

病院に就職して2ヶ月ちょっと。

心境、肉体に何か変化があったか?

まずは心境。

たま~に有機化学がしたくなる。
別に中毒のように禁断症状が出て「合成してぇ~~~」と思うほどではないんだけど、構造式を見るとやや興奮する。

医薬品の添付文書には構造式が載っているわけで、スルホニルウレア系糖尿病薬だとかベンゾジアゼピン系だとか見ると、なぜに構造のこの部位があると効き目があるの?とか思っている自分に気付く。

どちらかというとまだまだアカデミックな考えが根強く残っているんだなぁと思う。


患者さんからの問い合わせに答えられるとやっぱり嬉しい。
でもまだまだ勉強も足りないし、やるべきことは山ほど。

最近では主任から新しい仕事を渡されそうだし、どんどん忙しくなりそう。


次に肉体。

やっぱりやせたことに尽きる。

今朝体重を量ったところ、3月の健康診断時に比べ4.7kg減。
別に酒を飲まなくなったわけではないし、夕飯の量も前と同じ。

仕事で一日中立っているってことと、間食してないってことだけ。

仕事がハードすぎてぐんぐんやせてるわけじゃない。
だいたい7時にはもう家にいるからね。

規則正しい生活すればそれなりの体になるみたい。



また明日から新しい一週間。

今週は仕事の後に救急時の対応の講習やら、新しくなった血糖測定器具の説明などを受けるから帰りは遅くなるのかな?

まぁ、薬剤師として求められるスキルが身に付くわけだし頑張らんとね。

有機化学のわかる薬剤師を目指し日々精進

麻薬

昨日の仕事。

朝は軽く吸入指導の仕方を教わり、9:00から仕事スタート。

昨日も散剤当番でしたが、午前中はそれほど散剤の調剤はなく雨のせいか患者さんもいつもより少なめで余裕をもって仕事ができました。

そんな中、昨日ははじめて麻薬の調剤をやりました。

「麻薬」

聞いただけでドキドキの単語ですね。
麻薬調剤は普通の調剤とちょっと違うやりかたです。

最初は教わりながらやったんですけど、2回目はちょっと忙しめの時間だったために1人で緊張しながらやりました。
何とか無事終わりホッとしましたね。

でも午前中に起きた大きなことはこれだけ。
比較的平穏無事な時間帯でした。

でも午後になったらなぜか大忙し。

午後休みの先輩や体調不良で医療事務さんが休みだった影響もあってなかなか処方箋がさばけずキツイ時間帯でした。

それでも実習生たちの奮闘などによってなんとか切り抜けていき15:00過ぎ。新しい処方箋もなかなか出なくなって一段落。

と思ったら、なんと何かの拍子でプリンターのコンセントが抜けてるじゃないですか

だから処方箋が出てこなかったのか
てな感じです。

慌ててコンセントに電源プラグを差し込みプリンターを起動。

ボンボンと処方箋がはき出されました。
夕方は比較的小児科の処方が多くて、その中には散剤のものもちらほら。
散剤と水剤をこなしていると後から後から「粉でーす」と言う声が聞こえてきます。
もう半分テンパってました。

普段は17:30までに掃除やら予製やらをやって業務終了なのに17:30になっても調剤してました。

最後の処方まで散剤だし・・・

しかも大量

どうにかこうにか終わらせて業務終了。
軟膏の予製をして、吸入指導のおさらいをして終了。

長い長い一日でした。

今日は休みで、明日は出勤。
でも明日一日行けば日曜日で休みだから頑張ろう。

散剤

昨日は初めて散剤当番をやりました。

調剤業務は基本的には錠剤、水剤(シロップ)、散剤(粉薬)があります。
散剤は時間がかかるので当番を決めてやります。

まだまだ新入職員だったので先月までは通常の調剤のみでしたが、今月から散剤当番のローテーションに組み込まれました。

基本的なものはためることなく普通にこなしていましたが、午後になって粉砕が登場しました。

粉砕は錠剤を飲めない患者さんのために、錠剤を砕いて粉薬のようにするもので、経管投与の時にも用いられます。

申し訳ないのですが、やる方としてははっきり言って面倒くさい業務です。

先輩に聞いたりしながら何とかこなし初の散剤当番をクリア。

手は粉まみれになりましたが。

しかし、粉薬ってのも色々あるのね。

錠剤は棚のどこにどの薬があるかほとんど覚えたけど、散剤の棚はまだまだこれから。
新しく覚えることは尽きないなぁ・・・

友人結婚式

土曜日は高校の同期の結婚披露宴に出てきました。

卓球部でダブルスを組んでいたやつで、昔は彼女がほしいほしいばかり言っていた奴なのですが、卓球部では僕に次ぐ2番目に結婚しました。

披露宴を出て思うのは、自分もこんなだったんだなぁってこと。

緊張だったり、何だか気恥ずかしかったり、こそばゆい感じのうれしさがあったりね。
あいつもそんな感じだったのかなぁ?

心温まる披露宴でしたよ。

二次会までは高校卓球部の面々とコーヒーを飲みながら昔話など。

みんな変わらないね。

不思議と話し始めると高校時代に戻っちゃうもんね。
ああいう友人は貴重だなあとつくづく思いましたね。

二次会ではようやく新郎新婦といろいろ話せてよかったですよ。

二次会のあとは10年ぶりくらいに会った高校の仲間とかまどかで飲酒。

昔話に花を咲かせて12時くらいに実家に帰宅。

楽しい一日でした。

こんな楽しい日をくれた新郎新婦に感謝ですね。
いつまでも仲のいい夫婦でいて欲しいなと、そう祈りつつ今日の日記はここまで。

Appendix

ブログ内検索

スポンサードリンク


Extra

カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

シクロファン

Author:シクロファン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。