Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ明日

昨日、研究室旅行から帰ってきました。

梅ヶ島の安陪の大滝というのは思いの外大きな滝で
見応えも十分でなかなかよいものでした。

さて明日、とうとう結婚式です。

いままでは特に緊張もなかったんですけど前日ともなると少しずつ来ますね。
いや~、大丈夫だろうか?

何はともあれ明日結婚式です。
ちなみに入籍はあさってです。

まあ何とかなるでしょう。

さて、実家に帰りますかね。
スポンサーサイト

あと4日

今日は研究室対抗のソフトボールがありました。

うちの研究室は基本的に貧打戦です。
守りはまあまあ打つのはさっぱり。こんな感じです。

なのに今日の試合、初回に14点取りました。
結果、14-0、3回コールド勝ちでした。

こういう日もあるのですね。


明日からは研究室旅行で梅ヶ島に行ってきます(1泊)。
旅行から帰ってきたら結婚式です。
もう残すところあと4日。
ドキドキしてるわけではないものの、やっぱり気にはなりますね。
締めの挨拶どうしよう、とかね。

結婚式が終わっても気を抜くことができないまま学生実習に突入です。
その実習の理論説明のプレゼンをするので、現在そのスライドを作成中。

ひとまず形になったのであとは家に帰って仕上げをするだけ。

さてと、片付けして帰りますかね。

明日は更新できません。

ではでは皆さんごきげんよう。

あと6日

自民党の総裁選は福田康夫が当選し、党執行部の主要人事は幹事長:伊吹文明、政調会長:谷垣禎一、総務会長:二階俊博、選挙対策委員長:古賀誠に決定しました。

みごとに派閥の首領ばかり。
重厚な布陣ねぇ。
重厚って言うかなんて言うか・・ちゃんと政治してくださいよ。

そんなこととはまったく関係なく今日も大学に。
11月の学会『反応と合成の進歩シンポジウム』で、J-STAGEに英文抄録を載せなきゃいかんのでそれを作ってます。
だいたいできてきた感じだけど文法とか合っているのか甚だ不安。
教授にチェックしてもらおうにも今日はもう帰っちゃった。

まあ、明日でいいか。

いよいよ結婚式まで1週間を切り、ゴールが見えてきた。
あとちょっと、頑張らないとね。


結婚式まであと・・・6日。

カウントダウン

今日、研究室のメンバーに結婚のお祝いをしていただきました。

日本酒などをいただいたのですが、その中になべ野菜栽培セットがありました。

実はこれは日曜日に嫁さんが買ってきたものです。
完全にかぶりましたね。
すごいタイミングです。

もちろんこちらもしっかり育てておいしくいただきますよ。

いただいた日本酒を飲みながらこの野菜を使った鍋を食べるのもいいな~。

どうもありがとうございました。
嫁共々おいしくいただきます。

さあ、結婚式まであと10日
頑張っていきますよ~。
風邪とかひかないように気を付けないとね。

木花開耶姫(このはなのさくやひめ)

この前の日記まだまだ天皇~第一代~でコメントで木花開耶姫についてちょいと聞かれたので、木花開耶姫について。

木花開耶姫は日本書紀だと木花開耶姫、古事記だと木花之佐久夜毘売となっていて、木花咲耶姫って書かれたりもします。
父神オオヤマヅミ神(日本の山の神の総元締め)の娘とされ、天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と結婚して日継ぎの御子(太陽神天照大神の子孫のこと)を生む神母とされています。

木花開耶姫は日本を象徴する富士山の神霊であることもよく知られていて、富士山本宮・浅間神社の祭神となっています。
神格としては山の神、火の神とともに酒造の神としても信仰されていて、酒解子神(さけとけのこのかみ)とも呼ばれています(ちなみに父神のオオヤマヅミ神は酒解神)。

※木花開耶姫を祭神とする浅間系の神社は、全国に約1300社あり、その総本社の富士山本宮・浅間神社は、かつての駿河国一の宮で、富士山頂に奥宮があり山岳信仰・神仏習合により浅間明神、富士権現、浅間菩薩などとも呼ばれてきました。
【神社ガイド】
浅間(あさま)神社:山梨県東八代郡、浅間(せんげん)神社:静岡市葵区、箱根神社:神奈川県足柄下郡箱根町など

や~、またまたずれてきましたねぇ。

まあ、気の向くままに書いていきましょう。

今日はここまで。

それでは皆さんまた明日

持ち込み

昨日(9/17)、式場に指輪など持ち込み品を持っていきました。
今回は持ち込み品があるため自動車で

担当者が打ち合わせがあるため17時に行くことにしていました。
三連休ですから、忙しいんでしょうね。

沼津から平塚までだいたい60kmくらい。
箱根を越えるから多少時間はかかっても3時間くらいあれば着くでしょ。
と思ってはいたものの余裕を見て13:20出発。

長泉町やら三島を抜け、箱根の山を越えたところまでは非常に順調。
霧が出ていて視界が聞かずちょっと怖かったりもしたものの問題なく走行。
最初は箱根新道を使って下ろうかと思っていたものの、このままだとあまりにも早く着きすぎるのでは?と思ったため、一般道を通って下山。
途中まではよかったんですよ、途中までは。
芦ノ湖を抜けて、完全にこれから下りだけってところまではね。

ところが、宮ノ下の手前くらいから混み始めて、もう全然動かないの。
まさに渋滞って感じで、ちーっとも前に進まない。
三連休の最終日ってこともあって皆さん東京に帰っていくのですね。

それでも最初は余裕があったから対向車のナンバープレートを見て、
やれ「なにわ」ナンバーだ「鳥取」ナンバーだ、おやおや今度は「土浦」ナンバーに「石川」ナンバーだ。とか言って楽しんでいました。
中には「庄内」ナンバーの車がいて、そんなナンバーもあるのねぇ。
な~んて会話を交わしていたりしたのですがとにかくちっとも動かない。

これも湯本までさと思い、湯本を抜けるとスイスイ流れ始めます。
あれだけ詰まっていた車はどこに行ったんでしょうねぇ?

この時点ではまだ17時くらいには着けると思ってました。

そうしたら国府津の手前くらいからまたぎっしり。
西湘バイパスの通行止めのせいですね。

またぜ~んぜん進まないの。ぜ~んぜん。
二宮ですでに18時を過ぎたのでしょうがなく電話連絡。

大磯から空いてきて式場に着いたのは結局18時半過ぎ。
5時間を超える道のりでしたね。
たかだか60kmなのにね。

帰りはもう東名高速で帰りましたよ。
箱根を越える元気なんてま~ったくないですからね。
東名も上りは非常に混んでいてびっちり埋まってましたが、下りは好きなペースで走って帰ることができました。

家に着いたのは22時過ぎ。
長い一日でした。

何はともあれ持ち込みも完了したので結婚式にグッと近付いた感じです。

結婚式も楽しみですけど、結婚式が終わった後の開放感も楽しみですね。

結婚式まであと12日。
もう目の前ですね

警察

今日はあさってに迫った文献紹介の準備のため休日出勤です。
昨日今日と、三連休がことごとくつぶれていきます
まあしょうがないんですけどね。

それはそうと、今日うちの大学で県の警察官採用試験をやっているようです。
ずいぶんと多くの人が受けるものですね。

大学に来る途中、受験者らしき人2人の横を通り過ぎたときにこんな会話が聞こえてきました。
「どうせ試験はコンピューターが採点するわけだし、人物なんか見てねーんだから試験ができりゃいいんだよ。」

ん?

警察官なのに人物なんか見てねぇ?
本当ですか?

県民を守るべき警察官の人柄も見ないの?

もちろん人物の優れた人も大勢受けているかとは思いますが、
中にはそんなことを考えている人もいるわけですね。
やれやれですね。
受ける時点でこれですから警察官が不祥事が多いのもうなずけますよ。ええ。

ひとまず、あの発言をした人には不採用となってもらいたいものです。

西村寿行

「歴代天皇総覧」ガ読み終わってから1週間弱が経ちました。

その間、「滅びの笛」、「滅びの宴」、「となりのトトロ」を読みました。

「滅びの笛」と「滅びの宴」は西村寿行著、光文社文庫です。

「滅びの笛」は前にも書いたようにネズミが大量発生して山梨県を襲っちゃう話です。
結構重い話で、読んでて辛くなるところが多かったです。
人間って怖いな~と思いました。

続いて続編の「滅びの宴」を読みました。
これは滅びたはずのネズミが再び大量発生して、今度は東京になだれ込みます。
過激派のテロも起きてかなり恐ろしい状況です。
もうなんだか人間の汚いところの描写がすごくて、
電車の中で読むのは本当につらかったです。

一度読んでみてはいかがでしょうか?

次に読んだのは「となりのトトロ」です。
これについてはまた今度。

まだまだ天皇~第一代~

昨日まで代々の天皇陛下の名前を書いてきました。

今日からはもう少し踏み込んでいきたいと思います。

では第一代神武天皇から。

神武天皇


『古事記』、『日本書紀』にしたがえば初代の天皇であり、皇室の祖先に当たるとされる。
名を神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)という。
紀元前711年に生誕、紀元前585年に127歳で崩御したと伝えられる。
天孫降臨の神話や神武東征伝説によって、天皇の生涯は彩られている。

天孫、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなのさくやひめ)との間に生まれた彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と、
海神の子女、豊玉姫(とよたまひめ)の間に生まれたのが神武天皇の父、
ひこなぎさたけうがやふきあえずのみことである。
ひこなぎさたけうがやふきあえずのみことは、その叔母である玉依姫(たまよりひめ)との間に4人の男子をもうけ、
その4男の若御毛沼命(わかみけぬのみこと)が神日本磐余彦尊である。

神日本磐余彦尊は熊野で八咫烏(やたがらす)などの導きを受け日向の高千穂から大和の中州にたどり着いた。
八十梟帥(やそたける)や長髄彦(ながすねひこ)らを倒し、大和を平定、橿原宮(かしはらのみや)で即位し、初代神武天皇が誕生した。

即位年は、紀元前660年と設定されている。

神武天皇陵は日本書紀では畝傍山の東北陵(うしとらのみささぎ)、
古事記では畝傍山の北、白檮尾(かしのお)とされ記述には差異が認められる。


これを124代もやるかと思うと結構気が重いですね

ゆっくりとやっていこうと思います。
なんだかブログの趣旨がどんどん変わっているなぁ・・・

天皇陛下(7)

もう読み終わって結構経つのですが、歴代天皇総覧が無事読了しました。

最後はだいぶ早くすすんだ気がします。

では第117代から

第117代 後桜町天皇(ごさくらまち)
第118代 後桃園天皇(ごももぞの)
第119代 光格天皇(こうかく)
第120代 仁孝天皇(にんこう)
第121代 孝明天皇(こうめい)
第122代 明治天皇(めいじ)
第123代 大正天皇(たいしょう)
第124代 昭和天皇(しょうわ)

以上124代まで歴代の天皇陛下について書きました。

今後はひょっとしたら天皇陛下のことを書くかもしれませんし書かないかもしれませんが、もし書いたら読んでやってください。

今日は院試の打ち上げがあったのでちょっと遅めです。

では帰って式の準備をします。

お疲れ様でした。


結婚式まであと・・・・・20日!
ホントに早い~

リハーサルが終わってから

9/6のリハーサルが終わってから、帰るときのこと。

平塚でも結構雨が強めになってきて、式場から駅までタクシー。
電車は止まる様子もなく、根府川を越えたのでこれなら沼津まで帰れるなと思っていたら。。。

函南-三島間で不通

見事に止まってました。

彼女の親父さんからのメールで、在来線は止まっていたものの新幹線は動いているとのことだったので、まだ安心していたら新幹線も不通

しかたないので駅で待つことに。

でも台風が近付いてくる中動くはずもなく、とりあえず駅弁の小鯵押し寿司と金目鯛の炙り寿司を食べて腹ごしらえ。

その後はそうそうに諦めて、ホテルを探したり、レンタカーを当たってみたものの、ホテルは安めのところは満室で後は高いところのみ。
レンタカーはみんなが先に借りちゃってもう無し。
まぁ、レンタカーを借りられたところで熱海から沼津に台風の中行くのも危険だったからあれでよかったんだろうね。

しかたがないのでカラオケ。
なんと1時間2100円も取られた。
他には行くところもなく笑笑くらいしかない。
本当に観光地か?熱海。

しょうがなく1時間だけ歌いタクシーの長い行列に混じる。
すると・・・
みんなが一斉に新幹線のホームへ!
必死について行って、乗り込み三島まで!
車内放送によると実は熱海に溢れていた人を運ぶためじゃなかったらしいんだけど、みんなが一斉に乗り込んじゃったからやむを得ず三島でみんな降車させてもらいました。

しかも、すでに三島のホームにいたこだまの真横に並んで、ハシゴを渡して新幹線の中を通ってホームに降りるという、なかなかできないことをしました。

とにかく三島に降りることができたので、お迎えに来ていただいた彼女の親父さんの運転のもと沼津に帰り着くことができました。

途中で買ったセブンイレブンのおでんがおいしかった。

平塚をだいたい17時に出て22時くらいに家に到着。
普段なら18時半には着けるのに、やっぱり台風ってすごいね。


こんなかんじで疲れ切ったリハーサルの一日でした。

以上終わり。

今日は土曜日なのでもう帰ります。

お疲れ様でした。

リハーサル

本日2回目の更新。

昨日(9/6)、結婚式のヘアおよびメイクリハーサルのため平塚へ。
朝は沼津で雨は降っていたものの、無事平塚へ到着。

駅ビルのラスカでお昼を食べて式場へ。
この日はなんと自分たちを含めて4組がリハーサル。
でも台風の影響でうちらを除く3組はキャンセル・・・
まぁ普通はそうか。。。

でもみんなキャンセルして他の日に来られるのかねぇ。
平日しかやっていないのに。

とにかくも衣装を着て前撮り撮影。
ここでもたっぷり待たされました。
男ってのはそういうもんなのね。
これはしょうがないけどね。
その分嫁さんはキレイになっていくわけだからしっかりとこらえますよ。

で、その3組のキャンセルのおかげで時間的にも気持ち的にも余裕があったのか、カメラマンの方々に、うちらのデジカメでいろいろな写真を撮ってもらいました。
これはラッキーでしたね。
カメラマンが撮る写真だからうまいのね。
構図も出来映えも。
やっぱりすごいねぇ。

リハーサルが終わって沼津へ。
と思ったら熱海で電車は止まりました。
やられましたね、台風に

でもまあ何だかんだで沼津に夜の10時ぐらい?に帰ってこれました。
熱海から沼津までの細かいところはまた明日にしましょう。

とにかく昨日は疲れました。
でもまた1つステップを越えたのでよい感じです。

帰宅を急いでいるので分がおかしいかもしれませんが今日はこの辺で。
では、また明日。


結婚式まで残り・・・23日!
ほとんど3週間しかない~。

チャレンジ宣言

チーム・マイナス6%『私のチャレンジ宣言』なるページがある。

その啓発ツールがこれ
    ↓
チャレンジ宣言

何だかいろいろな項目があって、それらを総合すると1日1.402kgのCO2の削減ができるらしい。

今さらなので遅きに失した感はあるものの、何もしなければ改善されるものも全くないのでここは一つ乗ってみよう。
で、チーム・マイナス6%の一員になってみました。
現在1,370,414人もいるみたいです。
みんなよく知ってるね。

地球温暖化というより、地球のバランスが崩れないように頑張りましょう。CO2の量だろうが、生態系だろうが人間のミネラルバランスだろうが、とにかくバランスというのは重要だからね。
実験もただ試薬入れりゃあいいってもんじゃないし。
反応にあったバランスがあるのよね。

話が変わってきたけれど、
趣旨がよく伝わらないだろうけれど、
こんな感じです。

以上、終わり。


-追伸-
上の啓発ツールは各自で作って印刷すると協賛している企業によっては特典がある模様。
マクドナルドでビッグマックが150円になるとかね。
一応参考まで。

天皇陛下(5)

昨日の帰りと今日の朝、相も変わらず「歴代天皇総覧」を読みつつ通学。


では第94代から。

第94代 後二条天皇(ごにじょう)
第95代 花園天皇(はなぞの)
第96代 後醍醐天皇(ごだいご)
第97代 後村上天皇(ごむらかみ)
第98代 長慶天皇(ちょうけい)
第99代 後亀山天皇(ごかめやま)
北朝第1代 光厳天皇(こうごん)
北朝第2代 光明天皇(こうみょう)
北朝第3代 崇光天皇(すこう)
北朝第4代 後光厳天皇(ごこうごん)
北朝第5代 後円融天皇(ごえんゆう)
第100代 後小松天皇(ごこまつ)
第101代 称光天皇(しょうこう)
第102代 後花園天皇(ごはなぞの)
第103代 後土御門天皇(ごつちみかど)
第104代 後柏原天皇(ごかしわばら)
第105代 後奈良天皇(ごなら)
第106代 正親町天皇(おおぎまち)
第107代 後陽成天皇(ごようぜい)
第108代 後水尾天皇(ごみずのお)
第109代 明正天皇(めいしょう)
第110代 後光明天皇(ごこうみょう)
第111代 後西天皇(ごさい)
第112代 霊元天皇(れいげん)
第113代 東山天皇(ひがしやま)
第114代 中御門天皇(なかみかど)
第115代 桜町天皇(さくらまち)
第116代 桃園天皇(ももぞの)


かなり来ましたね。
もう江戸時代も半ばです。
今日明日には昭和天皇まで来ちゃうかもしれませんね。

悲しいことに結婚式のリハーサルに台風がぶつかってきました。
前に打ち合わせをしたときも台風が来たんだよな~
式当日は来ないことを切に望みます。

天皇陛下(4)

やはり毎日読んでいると、当然のようにページというのは進んでいくわけです。
それにつれて奈良時代から平安時代、鎌倉時代へと年代も少しずつ近付いてきました。
今朝は第93代天皇まで読み進みました。

では続きです。

第75代 崇徳天皇(すとく)
第76代 近衛天皇(このえ)
第77代 後白河天皇(ごしらかわ)
第78代 二条天皇(にじょう)
第79代 六条天皇(ろくじょう)
第80代 高倉天皇(たかくら)
第81代 安徳天皇(あんとく)
第82代 後鳥羽天皇(ごとば)
第83代 土御門天皇(つちみかど)
第84代 順徳天皇(じゅんとく)
第85代 仲恭天皇(ちゅうきょう)
第86代 後堀河天皇(ごほりかわ)
第87代 四条天皇(しじょう)
第88代 後嵯峨天皇(ごさが)
第89代 後深草天皇(ごふかくさ)
第90代 亀山天皇(かめやま)
第91代 後宇多天皇(ごうだ)
第92代 伏見天皇(ふしみ)
第93代 後伏見天皇(ごふしみ)

かなり進んできました。
聞いたことのある天皇も結構出てきているんじゃないでしょうか?

そろそろ鎌倉時代から室町時代へと移ってきます。
ではまた明日。
お楽しみに(?)

天皇陛下(3)

昨日の日曜日には引出物の準備が終わり、また一歩ステップを上った感じです。
でもまだまだ決めることもあって疲れがとれる日はまだ来そうにないですね。

で、朝夕の電車の中で読んでいる本はようやく半分を越え、第74代天皇まで来ました。
では続きを。

第59代 宇多天皇(うだ)
第60代 醍醐天皇(だいご)
第61代 朱雀天皇(すざく)
第62代 村上天皇(むらかみ)
第63代 冷泉天皇(れいぜい)
第64代 円融天皇(えんゆう)
第65代 花山天皇(かざん)
第66代 一条天皇(いちじょう)
第67代 三条天皇(さんじょう)
第68代 後一条天皇(ごいちじょう)
第69代 後朱雀天皇(ごすざく)
第70代 後冷泉天皇(ごれいぜい)
第71代 後三条天皇(ごさんじょう)
第72代 白河天皇(しらかわ)
第73代 堀河天皇(ほりかわ)
第74代 鳥羽天皇(とば)

これで残りは50人。
まだまだ長いですが頑張ります。
まぁ、読書ですから頑張るもないんですけどね。

電車に揺られて読書をしたり居眠りをしながら通います。

今週の6日(木)はリハーサルです。
台風が急接近したりしませんように

Appendix

ブログ内検索

スポンサードリンク


Extra

カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

シクロファン

Author:シクロファン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。