Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機化学やる上でおすすめの本

仕事柄、毎日有機化合物を扱っているわけですが、
大学時代から重宝しているソフトがChemOfficeです。
お値段は非常に高いので手に入れること自体かなり厳しいと思います。
でも非常にこのソフトは使えます。
化学構造式の描画から実験ノートの作製まで。
多岐にわたって研究をサポートしてくれます。

ですが、なかなか使いこなせないのも確かです。
とくにChemFinderなどはどうやったらデータベースとして働くのかさっぱりでした。
でもこの本
ChemGuide
を購入してからはいろいろと使いこなしていくことができるようになりました。
おすすめの一冊です
スポンサーサイト

反応チェック

日曜日なのにのこのこ出社。
だ~れもいない研究室でHPLCで反応チェック。
あまり進み具合が芳しくないなぁ。
まぁ、普段は他の仕事をしているわけだし反応が終わるまで放置でもいいんだけど。

あと2工程終われば会社で最後までやる必要もない。
大学に持っていって入学後に一月もやれば終わるだろうし。
これで1つ論文になる(多分)。
あ、でもうちの教授じゃなかなか書いてくれないかな・・・

休日出勤

今日は土曜日ながらも出勤。
出勤と言ってもやった実験は4月から行く大学のテーマをやるだけ。
今のD3の続き(と言っても反応経路完全に変更したから正確な続きではない)。
大学ではまた有機化学系の研究室に行く(修士までいたところに戻る)。
だから当然テーマも有機。

~本日の実験~

今日はカルボン酸をベンジルエステルにするだけ。
別にベンジル化じゃなくてもいいんだけどUV見えないと面倒だし。

しかし、この研究室ももうすぐ閉鎖だから試薬の場所がわかりづらくて困る。
BnBr探すだけで10分以上かかった。

でも反応掛けるための時間は5分もかからず終了。

試薬探す時間のほうが長いのは何故???

~本日の実験終了~

あとは家に帰って試薬のDB作るだけ。
戻る研究室は試薬をExcelで検索する形になってるけど、
これだと名前からくらいしかわかんないからChemFinder使ってやってる。
試薬も残すところあと2700・・・先は長い・・・

私が会社を辞める訳

初日にも書いたが3月末日に退職する。
もっとも、退職届はまだ出していないのだが会社内ではほとんどの人が知っている。
大学では薬学部にいて有機合成系の研究室にいた。
今やっている仕事も元は合成だった。
・・・売られるまでは
そう、売られるのだ。言い方をかえれば「切り捨て」か?
ちなみに私は新入社員ということもあって他社へ移籍することはなく別の部署に移る。
つまり、全く別の仕事をすることになる。
「入社1年目だから違う仕事になっても順応できるから大丈夫」と言う人もいる。
無論そのとおりであるとも思う。しかし
「入社1年目だからここで辞めて大学に戻ることもできる」のだ。
どちらがいいのかわからない。
ただ、新しいものを取り入れている部門を削った会社にどんなことが待っているのだろうか。
少なくとも華々しい展開になるとは思えない。
自分の可能性に賭けてみると言うとやや大げさだが、できるところまでやってみようと思う。
やや大言壮語にも思えるが以上が「会社を辞める訳」である。

初日

とにかくブログ初日である。
会社を辞めるのが3月末日。
何かの記念になれば・・・

Appendix

ブログ内検索

スポンサードリンク


Extra

カウンター

現在の閲覧者数

プロフィール

シクロファン

Author:シクロファン
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。